アスパラSELECTION

アスパラ基礎知識

基礎知識

アスパラ基礎写真

アスパラガス(Asparagus officinalis)とは・・

アスパラが日本に入ってきはじめたのは江戸時代からで、初めは食べるためでは無く、観賞用として扱われていましたが、日本で食用として扱われ始めたのは昭和30年代に入ってからです。おいしいアスパラの選び方や保存方法も紹介します。

基礎知識

栄養

アスパラには鉄分、ビタミン、ミネラル、カルシウム、亜鉛、アスパラから見付かったアスパラギン酸などの豊富な栄養が含まれており、中でも「葉酸」と言われる成分は赤血球の形成の補助、肌の調子を整える、貧血の予防などに効果があり、とても体に良い食べ物です。

アスパラの栄養素

観葉植物

アスパラといえば食べるもの、というイメージが強いかもしれませんが、観葉植物のアスパラもあります。そんな観賞用としてのアスパラガス属の観葉植物の手入れの仕方、水やり、株分けの仕方などを紹介していきます。

観葉植物

アスパラの歴史

アスパラが日本に来た年代、諸外国での栽培について、ホワイトアスパラの誕生、紫アスパラの誕生や原産地など現代に至るまでのアスパラの歴史について紹介していきます。

歴史

世界のアスパラ

諸外国でのアスパラガスの生産、どのくらい輸出・輸入しているのか?日本国内でどのくらい収穫されているものなのかを紹介します。

世界

グリーンアスパラとホワイトアスパラの違い

アスパラは大きく分けると2種類あり、日光に当てないようにして栽培し、収穫してしまう白色のホワイトアスパラ、日光を浴びて緑色になるグリーンアスパラがあります。この2種類を比べるとグリーンアスパラの方が格段に栄養価が高いと言われています。

アスパラをご家庭で

アスパラを実際に育てたり料理してみましょう!

ここでは栽培方法やレシピを紹介します。

アスパラの栽培

どうやってアスパラを栽培すれば良いか? アスパラの栽培方法、植え方、病気の対処、栽培する上での注意点、害虫の処理方法などを紹介していきます。現在、たくさんの品種がありますがグリーンアスパラでは主にウェルカム、バイトル、北海などが人気です。ホワイトアスパラではガインリム、どっとデルチェ、ポールトムなどであり、紫アスパラではバーガンディー、パープルウェルカム等が主流ですね。

栽培

グリーンアスパラのレシピグリーンアスパラ写真どんな食材に合うのか? やっぱり定番の茹でアスパラ、簡単だけどおいしい焼きアスパラ、シンプルにアスパラソテー、お肉とあわせてアスパラのベーコン巻きなど、作り方の紹介です。グリーンアスパラ










 

ホワイトアスパラのレシピホワイトアスパラ写真グリーンアスパラとホワイトアスパラの違いは栽培方法であり、品種が違うという訳ではありませんので基本的に同じように調理することが可能です。 ホワイトアスパラのクリームパスタ、ホワイトアスパラと生ハムのサラダ、ホワイトアスパラのピクルスの作り方を紹介します。 ホワイトアスパラ














紫アスパラとは

テレビ番組の特選素材と紹介されたり、幻の野菜などと言われる紫アスパラ。 なぜ紫色?産地は?特徴は?栽培方法? 最近人気の紫アスパラの正体を紹介します。

紫アスパラ

紫アスパラのレシピ紫アスパラ写真グリーンアスパラやホワイトアスパラとは特性が少し違うので、同じように調理してしまってはもったいないかもしれません。 紫アスパラの特性を活かした調理の仕方、おいしい食べ方を紹介します。 紫アスパラ










コラム

アレロパシーとは

アレロパシーとは何のことでしょう? 他感作用ともいい、周りの植物に影響を及ぼす成分の事であり、アスパラガスからも出ています。連作障害やフィトンチッドの原因はこのアレロパシーとされています。どのようなものか、紹介しましょう。

アレロパシーとは

フィトンチッドとは

森を散歩したり川の水しぶきに触れたりして、癒されたことや安らいだことは誰しもがあるのではないでしょうか?この癒しや安らぎ効果のもと、フィトンチッドとは何なのかを紹介します。

フィトンチッドとは

北海道とニッチ市場

耕地面積や収穫量でもトップの北海道。ですが、実態は年々厳しいものになっているようですね。全国都府県と比べたデータや、近年の農業人口などと、米国の輸入のキッカケになったニッチ市場を紹介します。

北海道の農業とニッチ市場

アスパラSELECTION


アスパラをご家庭で栽培グリーンアスパラホワイトアスパラ紫アスパラ紫アスパラ
コラムアレロパシーとはフィトンチッドとは北海道の農業とニッチ市場
リンク

コウゴウラボ