アスパラSELECTION

コラム

アレロパシー

アレロパシーとは?

アレロパシー写真アレロパシー(Allelopathy、ギリシャ語の「互いに+あるものへ降り掛かる、という意味の言葉の造語」。
和訳では他感作用、という)とは、植物から出る化学物質が他の生物の生長を邪魔する(アレロケミカル、と呼ばれる)、殺菌作用がある等の阻害的な作用あるいは生長を促進させる、虫を寄せ付けない等の共栄的な作用を及ぼす化学物質のことをいう。
1937年にドイツの植物学者、ハンス・モーリッシュ(Hans Molisch)により提唱された概念です。自分自身や動物に対する効果もアレロパシーと称され、有名な例ではセイタカアワダチソウという植物が挙げられます。セイタカアワダチソウが出すアレロパシーは、他の植物が発芽するのを抑制するものですが、この影響は自分自身にも及びます。つまり、自分自身の種子の発芽も抑えてしまうために、結果的に自滅にもつながってしまうのです。
他にも、じゃがいもとリンゴを同じ袋に入れて置くと、じゃがいもは芽を出さなくなります。このような阻害的効果だけではなく、例えばソバを栽培する際にルピナスやカラシなどと共生させると収穫量が増える等、共栄的な効果のアレロパシーを出す植物も確認されています。
アスパラガスでも起こる「連作障害」や森林浴で受ける「フィトンチッド」の恩恵など、このアレロパシーの作用をうまく利用して、できるだけ農薬を使わないで雑草駆除、害虫駆除に役立つのではないかと注目されていて、どの植物から、どのような物質が出されて、どのように作用しているかという解明が行われると共に、農園での利用方法の試みも広がっています。

連作障害とは

同じ土壌で同じ科目や同じ植物の栽培を続けていると、次第に収穫量が減ったり生育不良になる現象を、連作障害と言います。
また、このことをいや地(忌地、厭地)とも言います。

【原因】

 ヅ攵輊続

同一の場所に同じ科目の植物や同じ植物の栽培を繰り返すと、害虫の発生や特に土壌病害が多発することがあります。
病原菌(ウイルスや細菌)は多種類存在しますが、特定の作物に寄生する事が多く、この病原体はあまり移動することはありません(降雨の影響や灌漑水によって移動する事はあります)。
ですから、同一の場所で連作をすることによって土壌中の病原体の密度がだんだん上がっていき、一定の密度以上まで達してしまうと病気が発生してしまいます。 代表的な病気には、アブラナ科の野菜の根こぶ病、萎黄病があります。

◆ヅ攵蹐陵槓や肥料のバランス

同一の場所に同じ科目の植物や同じ植物の栽培を繰り返すと、その植物の特有の必須栄養分(微量要素)のうちの特定の要素が足りなくなり、その特定の要素の欠乏症や過剰症になってしまいます。
この症状は特有の症状が見られますので、土壌診断などで原因となっている要素を特定して適切な堆肥を与えることで病気の発生を抑えることが出来るでしょう。

.アレロパシー

アレロパシーは自分自身に影響するものもあります。
同一の場所に同じ科目の植物や同じ植物の栽培を繰り返す事によって土壌中のアレロパシー物質の濃度が高まり、結果的に自らの発芽を抑制したり、自らを生育不全にさせてしまいます。
このアレロパシー物質は、活性炭を入れると活性炭とアレロパシー物質が吸着し、除去できることがわかっており、これによって生育を回復させることが出来ます。

【対策】

これらの病気全体の対策としては、次のようなもの等が挙げられます。

 ノ愃

いくつかの違う種類の作物を同じ場所で栽培(作りまわす)する事。
全ての病状の原因に対して有効ですが、1種類の作物を栽培する場合と比べて多くの作地面積を必要とし、作りまわすそれぞれの作物によって異なる技術が必要です。
輪作する作物の特性や生育技術などを十分に理解し、隣り合う作物を共通の土壌障害にさせないようにする等、効率を高める技術が要されます。

 ネ機物を投入する

土壌病害は土壌中で病原体が一定の密度に達しないと実際に発症せず、ほとんどが成体の植物を侵すものです。
ですから、堆肥を混ぜてあげたり、マメ科の作物、イネ科の作物を混ぜることによって土壌中の微生物が多様化し、特定の1種類だけの病原体の濃度が上がることを防ぎ、土壌障害を抑制することができます。

アレロパシー