アスパラSELECTION

アスパラ基礎知識

観葉植物のアスパラ

【見て楽しむアスパラガスの世界】

やわらかな雰囲気を持つ観葉植物のアスパラガス。 その中から何種類か代表的なものを紹介しましょう。 観るためのアスパラガスを育ててみませんか?

アスパラガス・スプレンゲリー

学名:Asparagus densiflorus Sprengeri
和名:スギノハカズラ
科:ユリ科
原産地:南アフリカ 常緑多年草
大きさ:やや小ぶり

【特徴】

アスパラガス・デンシフロルスで、品種はメイリーと同じ仲間なのですが、直立して密生するメイリーと比べると、姿かたちが異なります。
スプレンゲリーの茎は分岐が多くトゲが生えており、たくさんの小枝を出し多方向に広がります。そのため吊り鉢での生育に向いています。 仮葉は細く、根っこには貯水根と呼ばれる水分を蓄えておく場所があり、乾燥に強い植物です。

【育て方】

置き場所は、昼間の直射日光は避け、明るく風通しの良いところが適しています。 耐陰性はありますが、適度に日光に当ててあげると良く成長します。肥料を定期的に与えると葉の色が薄くならずに綺麗に見る事ができます。
夏だけは強い直射日光に当てると日焼けしてしまうので、半日陰に置くようにしましょう。 耐寒性はやや強めで、5℃以上あれば越冬が可能ですが、室内で管理したほうが良いでしょう。
上手に育てると白い花がたくさん付き、赤い実が付きます。花はバニラのような甘い香りが楽しめます。

【その他】

乾燥に強い植物ですが、時々霧吹きをかけてあげると良いようです。 古くなってしまった株は株元から刈り込んであげると再生してくれます。 スプレンゲリーは株分けで殖やす事が出来ます。短く刈って、新葉を出させてあげましょう。 花言葉は、「勝利の確信」です。

 

アスパラガス・スマイラックス

アスパラガス・スマイラックス写真学名:Asparagus asparagoides
和名:クサナギカズラ
科:ユリ科
原産地:南アフリカ 常緑蔓性多年草
大きさ:やや小ぶり


【特徴】

明るいグリーン色でハート型をした葉っぱを持つ、ウェディングブーケやフラワーアレンジメントでは欠かせない、やさしさを表現するアレンジ材料になっています。
アスパラガス属の植物の多くは仮葉が細くて繊細で、茎にはトゲが生えているものが多いのですが、スマイラックスは茎がすごく細くトゲも無い上に、葉は珍しく丸葉系です。 また、耐寒性が高く、乾燥にも強い丈夫な植物です。
高い場所に置いたり吊り鉢で吊るしてあげると、長いツルと丸葉が垂れ下がり、とても美しいです。

【育て方】

日当たりの良い場所を好みますが、夏だけは強い直射日光に当てると日焼けしてしまうので、半日陰に置くようにしましょう。適度に日光に当ててあげると良く成長します。ある程度耐陰性はあるのですが、日に当てないと弱々しくなってきてしまいます。
適温は20〜25℃と高く、耐寒温度は3℃が目安です。冬は水を控えめにすれば越冬は簡単にできます。 乾燥に強い植物なので、土の表面が乾いたらたっぷり水を与えてください。

【その他】

スマイラックスも株分けで殖やす事が出来ます。
花言葉は「勝利」です。

 

アスパラガス・メイリー

アスパラガス・メイリー写真学名:Asparagus densiflorus Myers
和名:スギノハカズラ
科:ユリ科
原産地:南アフリカ 常緑多年草
大きさ:やや小ぶり


【特徴】

アスパラガス・デンシフロルスで、品種はスプレンゲリーと同じ仲間なのですが、多方向に広がってツタを垂らすスプレンゲリーと比べると、姿かたちが異なります。
メイリーはたくさんの小枝を縦に筒状に密生します。仮葉は細く、根っこには貯水根と呼ばれる水分を蓄えておく場所があり、乾燥に強い植物です。
秋に小さな赤い実を付けることがあり、モコモコしていて可愛らしい植物です。

【育て方】

日当たりの良い場所を好みますが、夏だけは強い直射日光に当てると日焼けしてしまうので、半日陰に置くようにしましょう。
適度に日光に当ててあげると良く成長します。適温は20〜25℃と高いのですが、耐寒性もあります。冬は水を控えめにすれば越冬は簡単にできます。

【その他】

メイリーも株分けで殖やす事が出来ます。

 

仮葉とは

アスパラガス属のフワッとした葉は、「葉」ではないのです。 葉のように見えているのは、枝が退化したもので、「仮葉」(または偽葉)と呼ばれています。アスパラガス属の仮葉は細いものが多いので、フワフワしたやさしい印象を受けるのですね。

観葉植物のアスパラ